「くるま-i2」 システム概要図

「GPS機能」や日本初「ヒヤリハット検知機能」を搭載した最新ドライブレコーダーで、重大事故撲滅や安全運転意識の啓蒙をサポートします。運転中のヒヤリハット(急挙動)画面を瞬時に処理。管理者が情報をリアルタイムで把握することは、速やかでより適切な指導・対処を可能にします(情報がメール転送されるため専用サイトにアクセスせずどこでも閲覧可能)。

「あんしん」その1

充実の標準機能で重大事故を撲滅

事故の未然予防「動画メール送信」

運転中のヒヤリハット(急挙動)動画を、瞬時にアップロード。同時に各担当者には動画リンク(URL)が記載されたメールが届きます。クラウドにアクセスして情報を確認できるため、端末の容量を圧迫しないのもメリットです。

アウトカメラ&インカメラ標準搭載

GPS内臓のドライブレコーダーは、インカメラとアウトカメラを標準搭載。道路状況を録画するカメラに加え、車内の様子を記録するインカメラで交通事故発生時の状況確認はもちろん、ドライバーに「見られている」という意識づけができます。

4G(LTE)通信を活用

ドライブレコーダーとクラウドは携帯電話通信網を使用してネットワーク化。特別なインフラ構築をしないことで初期導入コストを抑えるだけでなく、簡単にサービス開始できます。もちろん動画ファイルのアップロードもスムーズ。運転中のヒヤリハット画面をリアルタイムでお知らせします。

各種帳票(日報・月報)が出力可能

ドライブレコーダー起動時に運転者ID(6ケタ)を入力。これにより「どの車両を誰が運転したか」が明確になります。日々の運行記録はドライバーごと、車両ごとにデータ化され、各種帳票を自動作成。運行状況を“見える化”した詳細記録は、積極的な戦略とコストダウンにつながります。

「あんしん」その2

あおり運転・危険運転の抑制(AI解析)

機能
-前方車両との追突危険を感知しドライバーに通知
-前方車両の認識距離調整可能
-検知時の情報(スピード・場所)をクラウドに自動転送
期待効果
₋前方車両との接近を知らせることによる事故の未然予防
₋運転中のヒヤリハットの未然予防
実装方法
GPSの情報を利用し、現在の速度を判断
※前方車両をカメラで撮影し距離を識別。前方車両後部の形状は学習効果を通じて取得する。

機能
-前方車両との衝突危険を感知しドライバーに通知
-車線感知便感度レベル調節可能
-検知時の情報(スピード、場所)をクラウドに自動転送
期待効果
-ドライバーが不意に車線を離脱した差に警告をして注意喚起
実装方法
GPSの情報を利用し、現在の速度を判断
※左右3段階の感度によって車線逸脱を判断。車線の白線を撮影画像で把握し、白線のはみ出しを検知する。

機能
-道路路面の方向指示標識を認識
※車両進行方向と反対の標識を認識した際、逆走行と判断しドライバーに通知
-検知時の情報(スピード・場所)をクラウドに自動転送
期待効果
-ドライバーが不意に逆走行している際の早急な注意喚起
実装方法
時速30Km以下走行時に道路標識を認識し逆走行か解析
※さまざまな道路標識を事前に入力することで、内部演算(画像解析)時間を最小限に抑える。

GPS+ネットワークドライブレコーダー「MT‐56K」

項目内容
外形(縦×横×奥行)128mm x 70mm x 18mm (22.8m/車載機突起部分)
重量133g (両面テープスタンド装着時 145g)
液晶3.5インチ
メインカメラ解像度200万画素 Full HD (1920 X 1080)
内カメラ解像度100万画素 HD (1080 X 720)※サーバにてON/OFF制御可能
画角メインカメラ 135° インカメラ 120°
フレームレート5fps ~ 15fps
映像記録形式暗号化ファイル(専用ビューアにて閲覧可能)
音声入力/出力マイク内蔵/スピーカー内蔵
外部メモリMicro SD
通信ユニットLTE Modem module内蔵
定格入力電圧定格DC12V ~ 24V
入力電圧範囲10V ~ 36V
動作可能温度‐20℃ ~ 80℃
取得データ 検知内容 アップロードデータソース
ヒヤリハットイベント急加速、急減速、左右急ハンドルGセンサー、GPS情報
動画イベント アウトカメラ、インカメラ:ヒヤリハット発生 前後7秒Gセンサー、GPS情報
速度超過イベント閾値は任意で設定GPS情報、速度情報
前方接近イベント前方25㍍以内の検知※1GPS情報、スピード情報
車線逸脱イベントレーン逸脱時の検知※1GPS情報、スピード情報
逆走検知イベント逆走矢印検知※2GPS情報

※ 1 機能作動条件:40・60・80・100㎞/hで設定した速度を超えた場合に作動
※ 2 時速30㎞/h以上で作動

AI画像分析/ADAS機能

新機能機能詳細効果
車線逸脱防止(LDWS)走行車線からの逸脱時にアラート
(時速に応じ制御40,60,80,100㎞/h)
車線変更回数の検知/集積 運転傾向の更なる可視化
前方追突防止(FCWS)前方車両との距離接近時にアラート
(時速に応じ制御40,60,80,100㎞/h)
車間距離の狭い情報の検知/集積
ヒヤリハットを未然に抑制し、煽り運転傾向社員の抑制も可能
逆走検知道路上の矢印を検知しアラート※1ケアレスミスによる注意喚起重大事故を抑止

インカメラ

機能機能詳細効果
事故時、ヒヤリハット時 ドライバーの運転状況を把握 社内CSRの向上 ハラスメントの抑止(パワハラ、セクハラ等の抑止)

大型液晶搭載3.5インチ

機能機能詳細効果
個人認証機能液晶より個人認証IDを入力し、個人認証を実現共有車利用時のドライバー特定可能
フォーマットMicro SDカードのフォーマット機能を 車載器に実装 SDカード不具合等を検知、改善する事が可能

逆行補正/スーパーナイトビジョン/駐車時録画機能

機能機能詳細効果
逆行補正/スーパーナイトビジョン逆光、夜間走行時の鮮明に録画可能夜間や逆光時にも映像の記録漏れを防止
駐車時録画機能(直結ケーブル利用時に限る)駐車時の映像記録が可能駐車時のいたずらや当て逃げの録画

「あんしん」その3

操作性・利便性高いクラウドサービス

現在位置

走行軌跡

イベント情報閲覧(クラウド上の動画データ等を検索可能)

各種帳票(日報/月報/集計表/CSVデータ抽出等)

車両マスター設定

メール送信設定等

車両ごとの稼働状況を把握

社用車の業務効率を“見える化”します。ドライバーごとにIDを発行することで個別の運転履歴を把握。各車両・各ドライバーの稼働・未稼働状況を正確にチェックすることで、稼働率最適化が目指せます。

稼働状況から戦略を把握

稼働日数・稼働時間・走行距離を常時閲覧できます。年間を通したデータを把握・分析することで、繁忙期と閑散期の運用・戦略を検討することも可能。もちろん適切配置によるコスト削減も期待できます。

危険運転画像を瞬時に把握

危険運転時の動画が瞬時にメール送信されます(動画URL配信で端末容量を圧迫しません)。Push型ツールの採用により、簡易的な作業ならシステムからの自動配信も可能です(当機能はオプションサービス)。

「あんしん」その4

6桁の運転者ID入力で共有車をドライバーごとに管理

「あんしん」その5

自動でクラウド登録

「日報」は自動でクラウド保存

車両ごと・ドライバーごとの日報出力も簡単です。搭載したドライブレコーダー(車載器)で取得した危険運転動画はクラウドに保存。クラウド上に保存されたデータをチェックするので端末のデータ容量を気にする必要はありません。

たとえ共有車両であっても液晶ID入力でドライバーを特定、ドライバーごとの日報出力が可能です。日報は自動生成されるので、これまで大きな手間だった記入やデータ化が不要に。すべて自動でデータ化されるため全体状況がひと目でわかり、運用もしやすくなります。

「あんしん」その6

安定&コストを抑えたネットワーク

初期導入コスト削減

ネットワークは携帯電話通信網を活用。特別なインフラ構築がないことで初期導入コストを極力抑えます。

安定性高いネットワーク

あおり、ながら運転

インカメラで社内状況を把握、AI画像分析機能を活用したあおり運転対策

携帯キャリアフリー端末で新たな回線契約は不要

インターネット通信料は契約内容に含まれているので安心

従量課金なし&追加費用なしの明朗会計

車両指定がないため取付車両の変更が可能